blog

1ヶ月

DSCF2796
引越して1ヶ月が経ちました。ケルンに着いてから、市役所での住民登録と外国人局での滞在許可証の申請が終わり、銀行口座を開設するなど一通り必要な手続きが完了しました。詳しいことは省きますが、私の場合パートナーがドイツ国籍を持っているので、3年の滞在許可が下りる見込みです。ただ許可証が届くのにあと2ヶ月程かかるとかで、今はそれが届くのを待っている状態。

すでにアトリエを探し始めていて、新しい人と知り合うたびにアトリエを探しているとアピールしてます。ケルン市には市が管理しているアトリエ物件があって、そこは市から補助が出ているので比較的整ったアトリエが割安で借りることができます。ただ希望者も多いのでまずはリストに登録して、運が良ければ連絡がくるということのようです。これはプロフェッショナルのアーティストでないと登録ができないのですが、幸い日本での活動と新しいカタログ、ホームページを見せたら問題ないということで、私も登録できました。知り合った人たちもメールでアトリエ情報を送ってきてくれるので、なんとか年内に条件に合うアトリエを見つけたいです。

様々な手続きの中でドイツではアーティストが職業としてあたりまえに認められているので、職業欄にアーティストとして堂々と書けることがとても嬉しいです。そしてプロであることを示すのに、カタログとホームページはとても役に立ちました。自分のこれまでの日本での活動と今の作品のクォリティーがきちんと認められること、これだけでも勇気が湧いてきます。こんなことで満足していてはいけないんですが、日本で職業を書くことがあるたびに複雑な思いだったので、この自己肯定感は言葉では表せないほどに大きいのです。

DSCF5060
6/2〜5にかけての4日間だけのグループ展も、ドイツでのスタートを切る良い機会になりました。ギャラリストとのやりとりや、プライスリスト、請求書などの書き方も含めて勉強することばかりです。ドイツ人は芸術に関しての新しい試みには寛容で、私の作品に対してもとても良い反応を率直に返してくれました。まだこちらで制作を始めていないので、実感が湧かない部分もあるのですが、もうすぐ画材が日本から届くので水彩画だけでも部屋で始めたいなと思ってます。

アトリエも滞在許可証もその他いくつかの手続きも、今はとにかく待つ状態。よく寝てよく歩いて、ちゃんと食事して。本を読んだり写真を撮ったり。自分をメンテナンスしているような感じです。なんと贅沢な時間。

2016-06-14 | Posted in blog, 制作Comments Closed 

 

引っ越しました

DSCF4977
5月11日からドイツのケルンに引っ越しました。これから滞在許可の手続きに入るので、それが完了しないことには、本当に引っ越せたとは言えませんが。ドイツの空港での入国審査で、私が復路の航空券を持っていなかったので、渡独の目的や滞在期間など色々聞かれました。正直に「ドイツに住むつもりで、これから滞在許可を申請する」と伝えると「VISAが無いなら入国は許可できない」と担当のお兄さん。「そんなはずはない」と強く言うと「例外があったかな?あ、日本人はVISAなしでも入国できて、入国後に申請できるんだね。OK! GOOD LUCK!」とようやくパスポートにハンコを押してくれました。ちょっと冷や汗。

ケルンに来て今日で4日目。引っ越しの荷物を片付けてさあこれからと思っていたら、今日からドイツは3連休(5/14〜16)で、週明けまで事務手続きはできません。年明けから個展の準備やデザインの仕事、引っ越しの準備などで休む間も無く動き続けていたので、急にスケジュール帳が真っ白な現状が不思議な感じです。

DSCF4984

余りに時間があるので、クルミを割ったりしてみました。パートナーが友人からもらったという昨年のクルミとヘーゼルナッツ。昔ベルリンに5週間ほど滞在していた時に、リンゴとクルミは買うものではなく拾うものだということを学びましたが、ケルンでは拾ったことももらったこともなかったな、などと考えながら。

毎年来ているケルンですが、留学していた2009年から比べても変わらない姿にドイツらしさを感じます。スーパーに行っても新商品など見当たらない、いつも同じ鉄板の品揃え。そういうことが贅沢に感じます。これからの生活がどうなるのか見当もつきませんが、一連の手続きが終わったら、早めに制作できる環境を整えたいと思っています。余り頻繁には更新できませんが、私の目に映るドイツの様子を綴っていく予定です。今後ともよろしくお願いします!

2016-05-14 | Posted in blog, 日記Comments Closed 

 

水彩画について

worksに2016年4月に描いた水彩画の作品を追加しました(風景のシリーズ)。
http://tomoko-painting.com/?page_id=137

今回のはポストカードくらいの小さいサイズだったので、5日で30枚程度仕上げました。

水彩画は2009年から始めて、自分の中ではある程度完成させているつもりだったのに、この4月に数年ぶりに水彩画(しかも以前の風景のシリーズ)を描いてみて仕上がりの違いにびっくり。できていたと思っていたことが昔は全然できていなかったんだなあと、意気揚々と展示していた当時を思い‥。

私の水彩画は版画に近いやり方です。自分の油彩作品の画像をPhotoshopで輪郭線を残して色面を削除するように加工します。その画像を水彩画用紙にプリンターで印刷し、その上から水彩絵の具で彩色します。同じ構図で同じサイズが何枚も作れるのはプリンターのお陰です。版画の技術がないのでプリンターを使っていますが、刷った版に手彩色というイメージです。

油絵の作業をしているとなかなか水彩画の作業場所も取れず、取り組む気持ちも全然違うのでここ数年描いてなかったけど、色で遊んだり筆さばきを探ったり、こういう作業も大事だなと思った4月でした。新しいアトリエが見つかったら、水彩画のスペースを作りたいなあなどと思い描いてます。

2016-05-07 | Posted in blog, 制作Comments Closed 

 

作品集ができました

DSCF4887

2月の個展が終わってから、少しずつ準備を進めていた作品集が完成しました!テハdesign unitの相方にも手伝ってもらって、構成からデザインまで何とか納得の行くレベルでまとめることができました。2014年〜2016年の作品と、友人で美術史の研究者である巖谷睦月さんによるエッセイ(webで公開しているものと同じ)を入れて。お世話になった方や美術関係者に少しずつ配っているところです。
※冊子は300円+送料を負担していただければどなたにでもお渡ししていますので、contactのページからご連絡下さい。

DSCF4732
冊子の作成と同時に細々作業していたのが久しぶりの水彩画。水彩画は色遊びと言ってもいいくらい、好きな色をぽちょんぽちょんと画面にのせていくだけなので、とってもリラックスするし、色彩の美しさを再発見させてくれます。最近の布の作品から見てくれている方には、こんな絵も描くの?と驚かれますが、この風景のシリーズは私の原点でもあります。

2016-04-26 | Posted in blogComments Closed 

 

次のステージへ

2月の個展、「ひいな遊美」展、そして3月はケルンでの「Die Farbe Rot」展と今年前半の予定が無事に終わりました。自分が目指していることとそのための手段や方法、そして素材・材料が無駄無く一本の糸のようにピンと張れば良いと思いますが、現実にはそうはいかず、糸は絡まったままです。個展の会期中、そのために何を捨て、何を残すのかを考えていましたが、まだまだ見えてきません。でもそれができれば確実に作品が次のステージに向かうことも分かっているので、しっかり悪あがきしていくつもりです。

IMG_1144

それでもドイツでのグループ展で「Tomokoの作品はとても評価が高かったよ」と、一緒に出品した作家さんから連絡があり、ほっとしています。

目の前にやらねばならないことが山積みなのですが、とにかく一つ一つクリアしていって、今ぶつかっている壁ではなくその次の壁にぶつかれるよう泥臭くがんばろうと、早くも今年の総括のようなこと考えているこのごろです。

2016-03-21 | Posted in blog, 制作Comments Closed 

 

個展が始まりました。

DSCF4224

無事に展覧会が始まりました。LADSギャラリーのB室です。道路沿いにたくさん窓があり、光が差し込んでくるので、色彩が映えてアトリエでは見えなかったものが見えてきます。

DSCF4237

大きい作品はまだ上手くコントロールできず、技術的な問題が多々あります。次への課題でもあります。

DSCF4252

ドイツで買った半円のキャンバス。かまぼこみたいで、可愛い感じに。今回は変形サイズにいくつか挑戦してみました。画面の形が変わることで、モチーフの選び方やトリミングの仕方も変わるので、新鮮に取り組めました。2月11日まで開催しています。どうぞよろしくお願いします。

2016-02-03 | Posted in blogComments Closed 

 

アトリエのお隣さん

DSCF4118

美星町のアトリエで二度目のお正月。年末12月28日から1月7日まで、連日のアトリエ通いにお隣さんが「えらい正月から頑張るんじゃな〜」とお昼ご飯に招いてくれました。お隣りさんは90歳のハナさんで、8年前にご主人が亡くなってからは一人暮らし。おうどんでも出してくれるのかな〜と思っていたら、約束通り12時ジャストで伺ってみるとこの通り。お雑煮、なますに煮しめまで。

DSCF3360

ハナさんは広い畑をせっせと一人で手入れをされて、いつも大根・人参・キャベツに白菜・ピーマン・お豆などいろいろ旬の野菜を分けて下さります。本当に良く働く。そして話し相手がいない日なんかは、15時になると隣から大きな声で「佐藤さん、そろそろ休憩されませんか〜」と呼びにくる。ハナさんに呼ばれた時は基本的に断らないという自分ルールがあるので、そそくさと伺うとお菓子とコーヒーを出してくれて、おしゃべり。昔のことから最近のことまで話題が尽きないのです。

DSCF4116

玄関には自作の絵や色紙。お猿の絵も達者です。ひ孫さんからもらったビーズなんかも上手に使って。ある日は水彩絵具で風景画を描き、次の日は習字、別の日には縫い物、また別の日には折り紙。「やりたいことが一杯あって時間が足りないんよ」と。スゴい90歳だといつも感心。

DSCF4115

玄関の入り口にはハナさんの作品がずらり。いつも「絵描きさんに見せるような物じゃない、恥ずかしい」と言われますが、このバイタリティーには圧倒させられます。

DSCF4114

もちろんお野菜の扱いも手慣れたもの。お正月に干した大根もきれいな色に。一度に10本程干すのだとか。「大根がとれない時のために、食べれるようにしとんよ」と言われたときに、「大根が食べれない季節ってあったっけ?」と一瞬考えて恥じ入りました。

DSCF4113

こちらはサツマイモ。野菜炒めに入れたり、お味噌汁にちょっと入れても美味しいのだとか。

DSCF4120

シソの実の佃煮。シソの実が食べられることも知らなかったのだけど、プチプチした食感と程よい甘さ。私がシソの実が食べられることに感動していると、小瓶にちょっといれてお裾分けしてくれました。ハナさんのクリエイティブな日々に刺激を受けながら、相も変わらず布を描く日々なのです。

2016-01-11 | Posted in blogComments Closed 

 

次の個展

DSCF3806

2016年が始まりましたが、年末年始は落ち着いて描ける貴重な時間。例年通りアトリエに通い続ける毎日です。2015年10月〜11月にかけて岡山県の文化事業「遊美工房_AIR」の運営に携わっていたので、思うように制作できず。ようやく12月の後半に入って制作に集中できる状態になってきました。

プロジェクトの運営に携わったことが無駄になるとは思いませんが、やはり制作が思うようにできない状況が続いてイライラ。ようやく描けるようになっても、なかなか気持ちのテンションが上がらず。それでもアトリエに行けるだけで嬉しい年始です。

この展覧会が2016年の一つの節目になるので、気合いをいれて後1ヶ月制作に励みたいと思います。

2016-01-01 | Posted in blogComments Closed 

 

“text”のページを追加しました

“text”のページを追加しました。
以前から自分の作品についてまとまった文章があればと思っていたのですが、今年4月の個展をベースに美術史研究者で、東京芸術大学美術学部教育研究助手の巖谷睦月さんにエッセイを書いていただきました。

初期の作品から現在に至る作品の変遷を明確で丁寧にまとめてくださっています。是非ご一読ください。

2015-10-09 | Posted in blog, 制作Comments Closed 

 

Pitt Rivers Museum

DSCF3958
Oxfordの自然史博物館の奥にあるPitt Rivers Museum。入った瞬間にぞわぞわっ鳥肌が出るくらい独特の空気を放ってました。これがイギリス人の気質なのかなと思わせるような徹底した収集と展示。ドイツからイギリスに行っても景観も食も大きな違いを感じないけれど、この空間でコアな「イギリス」を感じました。ドイツ人ならこうはしないな、と。

DSCF3949
さほど広くない敷地内に所狭しとケースが並び、それぞれのテーマで世界中のあらゆる物が集められています。テーマごとにケースに並べられていますが、そこにヒエラルキーは無くとにかくただ併置。時代や地域・様式などでカテゴライズされすぎると、そのものの面白さが失われることが多々ありますが、ここの展示はいろんな感覚を刺激してくれます。

DSCF3943

マスクというコーナーにはアフリカやアジアのあらゆるマスクが並んでます。もちろん日本の能面も。農具や織り機、武器や鎧、鍵に髪飾りなどとにかく幅広い収集ぶり。

DSCF3975
鍵を集めたコーナー。一日ここにとどまって、もっとじっくり見たかったな〜。どんな人が来ても一つは壺にはまるものが見つかる場所です。

DSCF3980

Museum Shopには、広告で作ったかごや鍋敷きが。これは意外と世界共通なのかも。

2015-08-14 | Posted in blogComments Closed